女性


● 使用者は、女性則第2条第1項の危険有害業務のうち、満18歳以上の女性を2業務に、産婦を更に3業務及び申出により他の業務に、妊婦を全ての業務に従事させてはならない。
● 使用者は、6週間(多娩の場合は14週間)以内に出産予定の妊婦を請求により就業させてはならず、産後8週間を経過しない女性を就業させてはならない。
● 使用者は、請求により、妊産婦を変形労働時間制(フレックス制を除く)の法定労働時間を超える労働、非常災害等又は36協定による時間外・休日労働、深夜業をさせてはならない。
● 法第6章の2に規定される女性の労働制限は、裁量労働制にも適用される。

参照:社労士試験合格ツール

sharoku の紹介

社労士試験受験ツールを運営しています。 社労士試験の受験生のためにブログで学習ポイントを発信しています。
カテゴリー: 女性 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing