社労士(社会保険労務士)試験合格ツール(教材)

平成29年(第49回)試験用

このサイトはパソコン用サイトです。スマホサイトはこちら、携帯サイトはこちらをどうぞ

社労士(社会保険労務士)試験合格ツール
社労士(社会保険労務士)試験の学習方法・勉強方法にはさまざまの方法がありますが、社労士(社会保険労務士)資格取得のための試験の受験生の効率的な学習のためのさまざまなインターネット教材(ツール)を開発しました。
このホームページからそれぞれの教材(ツール)を試用しご自分に合ったツール(教材)を選択し学校に行かずに独学で学習できます。特に、社労士(社会保険労務士)資格の取得を目指されるサラリーマン・OLの方々は昼間の休み時間にお手元のパソコンを使って手軽に学習できます。対象となる全ての情報を含んでいますので、知らない内容の意地悪い出題があっても慌てることなく回答できます。



ご要望の多かった利用者独自のデータが作成できる「専用学習」ツールを追加しました。学習者の知識レベルはそれぞれ異なりますが、このツール(教材)によりそのレベルに応じた内容の学習が可能となる画期的なツール(教材)です。合計12種類のツール(教材)を用意しておりそれぞれのツール(教材)の見本をご試用できます。(労働基準法の「年次有給休暇」を見本として使用しています。)「過去問」練習ツールは平成6年度以降の過去問題が対象となっております。

次のご希望の見本をクリックしますとその見本が試用できます。なお、試用版については、同時に多数の方が試用されそれらの方のデータも反映されますので、ご了承ください。動画でもご覧できます。

@学習単独ツール:社労士(社会保険労務士)試験の過去問をチェックしながら学習できます。横断比較が簡単です。動画
A学習練習ツール:社労士(社会保険労務士)試験の過去問を練習しながら学習できます。動画
B専用学習ツール:利用者専用の学習ツールです。動画
C共同学習ツール:ポイントの内容を自由に変更できます。仲間と一緒に学習できます。動画
D通常練習ツール:社労士(社会保険労務士)試験の過去問を練習でき月ごとに成績(正解率)を確認できます。自分が注意すべき点をメモできます。動画
E手動練習ツール:古いものから順に表示された社労士(社会保険労務士)試験の過去問からしユーザーが任意に選択し練習できます。動画
F自動練習ツール:ランダムに表示された社労士(社会保険労務士)資格試験の平成6年以降の過去問を練習しながら間違った過去問がなくなるまで繰り返し練習できます。動画
G選択練習ツール:一覧表示された社労士(社会保険労務士)試験の平成6年以降の過去問から任意に選択したもののみを集中的に練習できます。動画
H応用学習ツール:ポイントを理解するための応用学習です。学習ツールの内容と対応しています。動画
I携帯学習ツール:携帯からポイントを学習できます。過去の利用合格者から非常に役立ったと評価されています。通勤中でもご利用できます。動画
J検索練習ツール:任意の用語が含まれる過去問を科目ごとに一括して検索出力して、その中から過去問を任意に選択して練習できます。動画
K模擬試験ツール:出題された問題を科目別に解答して、成績を表示します。実力を確かめられます。動画

試用されていかがでしたか? コンピューターを利用して学習しませんか?

・基本書だけで学習しているあなた、他の方法でも学習してみたいと思いませんか?
・基本書の内容だけで充分な情報が得られていると思っているあなた、それでは不足していると思いませんか?
・通学に便利な受験校がないため受験勉強が困難な、或いは受験校に通学できない忙しいあなた、通学せずに学習したく思いませんか?
・横断的な理解が難しいと思っているあなた、簡単にしたく思いませんか?
・何度受験しても失敗するあなた、学習方法を見直しませんか?
・高額な学習費を払える余裕のないあなた、安価な方法で学習しませんか?
・どのツールが自分に合っているか迷っているあなた、いつでも相談ください。あなたの実力に合ったツールを紹介します。


ご試用いただきそれぞれのツール(教材)の違いと良さを確認後ご自分のお好みのツールを申込み下さい。複数のツール(教材)のご利用も可能です。ツール(教材)を使い分けて重要ポイント、ツボ、コツが会得できます。使い方に疑問がございましたら遠慮なく問い合わせください。ご利用のツールの有効的な活用の仕方について合格のための指導をさせていただきます。

法令条文は横断学習の便宜上再編集しておりますので、横断比較が簡単でよりご理解が明瞭になると思います。より広く又深くご理解されますと基本が容易に理解できるようになりますので、一般基本書より広範囲に深く又多くの具体的事例を示して説明しております。又、ツール(教材)ご利用の方にはご希望によりツール(教材)をより効率的に使用するための参考資料として「まとめ・横断集」(A4合計約500頁・エクセルデジタルデータ)を無料配布します。さまざまな角度からまとめられていますのでこれをご利用されるとツール(教材)の内容の体系的な理解が可能になります。

社労士(社会保険労務士)試験合格ツール(教材)の現在の登録データ合計数は次の通りです。

利用規約」をご一読の上、申し込みください。 1利用者につき、申し込まれた1ツール(教材)あたり3,000円です。ツール(教材)は申込み年度の試験日までご利用できます。1週間の無料試用も可能です。次の申込書から申し込みください。



無料メールで学習ポイント及び平成6年以降の択一式過去問(正誤付)を毎日1回配信していますので、購読をご希望の方はメールアドレスを登録してください。

 

基本学習には「社労士試験学習ポイント(ブログ)」をご利用ください。(スマホ版

取扱店・紹介者募集!!
ツールの普及のため取り扱っていただける方々を募集しています。企業、団体、個人(社労士、合格者、受験生、会社員、定年退職者、主婦、学生等)を問いません。報酬についてはお問い合わせください。

問合先:

社労士試験受験クラブ
sharoku2014@yahoo.co.jp
特定商取引法の表示

Copyright(c) SHAROKU All Rights Reserved.

Facebook


Yahoo!ブックマークに登録
ツイート




リンク