年少者


● 年少者を危険業務又は重量物取扱業務・有害業務・坑内労働に従事させてはならず、法定時間外・休日・深夜・変形時間外・フレックスタイム労働させてはならず、休憩特例を年少者に適用してはならない。
● 中卒の年少者を、週法定労働時間(40時間)以内で、1週のうち1日が4時間以内であればその週の他の日を10時間まで労働させることができる。
● 中卒の年少者を、週48時間・日8時間以内で1月又は1年単位の変形労働時間制によって労働させることができる。
● 年少者を、交替制事業について法定時間前後の30分の深夜業に、許可を受けて労働させることができる。
● 満16歳以上の男性の年少者を交替制の深夜業に労働させることができる。
● 年少者を、農業・林業・水産業・保健衛生事業及び電話交換業務の深夜業に労働させることができる。

参照:社労士試験合格ツール

sharoku の紹介

社労士試験受験ツールを運営しています。 社労士試験の受験生のためにブログで学習ポイントを発信しています。
カテゴリー: 年少者 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing