割増賃金


● 法定労働時間外・法定休日・深夜に労働させたときは、割増賃金を支払わなければならない。
● 家族手当・通勤手当・別居手当・子女教育手当・住宅手当・臨時賃金・1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金は、割増賃金の算定基礎となる賃金とはならない。
● 法定時間外労働・休日労働に対して支払われる手当であっても労働するかどうかに関係なく支払われるものは、割増賃金の算定基礎となる。
● 割増賃金率は、法定時間外・休日労働は通常の労働時間・労働日の賃金の20%から50%の範囲内の政令率以上、深夜労働は通常の労働時間の賃金の25%以上でなければならない。
● 1ヶ月に60時間を超えた時間につき5割以上の割増賃金を支払わなければならない。

参照:社労士試験合格ツール

sharoku の紹介

社労士試験受験ツールを運営しています。 社労士試験の受験生のためにブログで学習ポイントを発信しています。
カテゴリー: 割増賃金 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing