休憩


● 休憩を、労働時間中に一斉に与え、自由に利用させなければならない。
● 生後1年未満の生児を育てる女性は1日2回それぞれ30分以上(1日の労働時間が4時間以下であれば1日1回30分以上)の育児時間を請求でき、使用者は育児時間に使用してはならない。
● 出産予定の女性を、請求があれば、出産予定日以前6週間(多胎妊娠:14週間)から産後8週間に就業させてはならない。

参照:社労士試験合格ツール

sharoku の紹介

社労士試験受験ツールを運営しています。 社労士試験の受験生のためにブログで学習ポイントを発信しています。
カテゴリー: 休憩等 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing